裁判員制度

参考サイト

コスト

  • 費用
  • イニシャルコスト

    制度の整備に300億円かかるらしい

    最高裁が施設整備などの費用を基に試算したところ、全体のコストは計約300億円。制度開始後には裁判員への日当や旅費なども必要になることから、最高裁は、こうした支出に国民の理解を得るため、制度の意義を強調していきたい考えだ。(引用元-日本裁判官ネットワークブログ-300億

  • ランニングコスト

    わからないらしい(ヲイ)

    一方、制度がスタートすると、今度は人件費や、システムの維持管理費がかかるほか、8000円〜1万円程度となると見込まれる裁判員への日当や裁判所への往復の旅費も必要になる。ただ、日当の額などが決まっていないため、「現時点では試算が難しい」(最高裁事務総局)という。(引用元-日本裁判官ネットワークブログ-300億


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-05 (土) 08:11:40 (4519d)